30歳代、40歳代のお肌の特徴とお手入れについて

30歳代になると、お肌のターンオーバーが低下し始めるために、古い角質層が目立ってきます。また、シミやくすみも少しずつ形を表し始めてきます。真皮のコラーゲンが減少することで肌の弾力性が失われたり、セラミドの減少によって肌が乾燥しやすい状態になります。

人は誰でも年を重ねるについて肌老化が進行するものですが、30歳代はその肌老化が形として一番表れやすくなる時期でもあります。このため、20歳代のような守りのスキンケアだけでなく、自ら進んで老化と戦う攻めのスキンケアも大切です。ターンオーバーの低下によって古い角質層が残るのを防ぐためにピーリングを行ったり、ヒアルロン酸がたっぷり入った美容液などを活用して、積極的な保湿ケアを心がけましょう。なお、コラーゲンを増やしてシワを予防するためには、レチノールが配合された美容化粧品がおすすめです。

また、40歳代になると若い頃に蓄積された紫外線等の影響で、シミが一気に目立ってくる場合もあります。さらに、女性ホルモンの分泌量も減少するので、ほうれい線や目尻、眉間のシワも定着してしまう場合があります。このため、お肌を若々しく保つためには、より積極的なスキンケアが必要になるでしょう。濃くなってしまったシミや深いシワはスキンケアだけでは改善できない場合も多いので、どうしても改善したい場合は美容皮膚科でレーザー治療を受けるなどの方法もあります。

エステナードソニックの裏情報 TOPページに戻る

スポンサードリンク