自称敏感肌の人が増えている実態

今、「敏感肌ですか?」と聞かれて「YES」を答える自称敏感肌の女性が増えているそうです。都会に行けば行くほどこの傾向は強く、7割ぐらいの確率で敏感肌にYESと答える人がいるのではないかと思います。

この理由は、女性の社会進出が進んできてストレスを抱える女性が増えてきたことや、都市部では生活時間が不規則になってきたことなどがあげられますね。さらには、食生活の変化やアレルギー体質の人が増えていることも要因になっています。

ただ、人は誰でも季節によってお肌の状態が変化します。夏は普通でも、多くの人が冬場になるとカサカサ肌を経験していると思います。このような状態を、季節によって敏感肌になると捉えている人も多いようですね。

さらに、実際に肌トラブルを抱えている人も、私は敏感肌だと認識している人が多いようです。肌トラブルとは、お肌が何かにつけてすぐに赤くなる症状や、接触じんましん、かゆみやツッパリ感、ひりひりした感じが定期的に訪れたりするものです。

このような敏感肌は肌トラブルの大きな原因は、お肌の大切なバリア機能が失われてしまっている事です。過剰な洗顔やスキンケアによってお肌に本来備わっている角質層のバリア機能が損なわれてしまっているんですね。この悪循環は繰り返されることが多く、一度お肌が良い状態になっても、悪い週間によってまたお肌が良くない状態に戻ってしまいます。

もし、「私は乾燥肌や何らかの肌トラブルになりやすい」と感じている人がいましたら、まずは自分の洗顔やスキンケアを見直してみましょう。そしてその上で、生活習慣について改善を行きましょう。大切なのは、過度に洗顔しすぎないことと、十分な睡眠、バランスの良い食事、そしてストレスを溜めないことです。なかなか難しい部分もあるかもしれませんが、1つずつ改善を図って行きたいですね。

エステナードソニックの裏情報 TOPページに戻る

スポンサードリンク