守りと攻めのスキンケア

肌の老化は年齢と共に誰にでも訪れるものです。でも、肌老化は一体どういうことなのかを理解しておかなければ、賢い対策は立てられません。

お肌は、まずは表皮と真皮に分けて考えなければなりません。肌を考えるときは、常に表皮と真皮に分けて考える癖をつけましょう。

表皮はターンオーバーといって、4週間ほどで細胞が生まれ変わっていますが、このターンオーバーの速度は年々遅くなり、40代では6週間もかかるようになってしまいます。代謝が遅くなるので、当然日焼けでできたメラニン色素は肌に残るようになります。また、表皮全体が薄くなるため、ふっくらした感じがなくなり、小じわが出来てきます。

真皮では、コラーゲンやエラスチンなど、皮膚の弾力を保っていた線維が変性してもろくなるため、弾力がなくなります。表情ジワが戻らなくなり、深いシワが刻まれます。さらに、これはたるみへと発展していきます。

一度出来てしまったシミやシワは、なかなか消すことが難しいものです。このため、スキンケアは常に予防的に考えなければなりません。あきらめてしまえば、年々進行していくだけです。個人差はありますが、30代頃から誰でも老化の徴候は出てくるものです。アンチエイジングのお手入れを習慣化しておきたいですね。

アンチエイジングでは、「守りのスキンケア」と「攻めのスキンケア」を分けて考えるのがおすすめです。

守りのスキンケアでは、とにかく肌に栄養を与えていきます。特に有効な成分はビタミンA・B・Cです。この中でもビタミンC誘導体は、コラーゲンの合成促進、美白など、さまざまな効果がありますので、化粧水などで長く使っていくと良いでしょう。ただし、ビタミンC誘導幸を使うとやや乾燥することもありますので、保湿はしっかり行うようにしましょう。

また、ビタミン以外に着目したいのが、ポリフェノールなどの抗酸化成分です。老化=酸化であることが解明されてから、植物エキスなどの抗酸化成分が、化粧品に多く配合されるようになりました。

次に、攻めのスキンケアについてですが、これは表皮の角質をとる働きのあるピーリング剤を使ったお手入れを、ぜひ取り入れてみましょう。

エステナードソニックの裏情報 TOPページに戻る

スポンサードリンク