エストロゲンと女性の若々しさ

エストロゲンの分泌と女性の若々しさには、とても大きな関係があると言われています。具体的に言うと、女性の肌年齢は卵巣から分泌される女性ホルモンが大きく影響しているというのです。

エストロゲンには肌の水分を保持し、肌のハリや弾力に欠かせないコラーゲンを増やす働きがあります。しかし、卵巣機能は30代中盤ぐらいから少しずつ低下し始め、50歳前後で閉経を迎える頃には、エストロゲンの分泌はガクンと減ってしまいます。

この減少によって肌のコラーゲン量も失われてしまい、肌老化が急激に進むことになります。また、この年代は更年期障害が起きてくることもあります。

しかし、いくら若いと言っても、生活習慣や食生活が乱れていると、卵巣機能に悪影響を与えてエストロゲンの分泌が低下してしまうこともあります。これを防ぐために一番大切だと言われているのが睡眠です。

睡眠不足が続くと、自律神経やホルモン分泌のバランスが乱れ、女性ホルモンの分泌にも悪影響を及ぼします。1日6〜7時間はぐっすりと寝て、睡眠時間をしっかり確保するようにしましょう。

続いて大切なのが食事です。卵巣を常に若く健康に保つためには、偏った食事や無理なダイエットは避けて、バランス良く食べることが大切です。BMIは20〜25が標準だと言われていますが、エストロゲンの分泌が活発になるのは、この標準値の間に入っている時です。BMIが25以上、または20以下の場合はエストロゲンの作用が低下してしまいます。つまり、太りすぎだけでなく、痩せすぎも悪いということになります。

さらに、エストロゲンの分泌をキープするためには、運動も効果的です。骨盤内の血流が低下すると、卵巣の機能も低下します。卵巣機能を高めるためには、血行を良くするエクササイズやツボ押しが効果的だと言われています。

エステナードソニックの裏情報 TOPページに戻る

スポンサードリンク