肌は老化するものだと心得る

20代も後半になってくると、肌がカサついてきたり、くすみやハリが気になってくることがあります。しかし、本来、年齢による肌の老化が見られるのは、30代後半くらいからだと言われています。

もし、20代後半になって肌が衰えたと感じた場合は、ストレスや生活習慣、食生活などが原因になっている可能性が高いです。このため、この年代から肌をきちんとケアしてあげれば、本当の肌の老化が出てくる30代前半になったときに、大きな差が出てきます。

肌が老化する状態とは、肌がくすんでハリが無くなってきたり、クマができやすくなる、シミやシワが目立ってくるなどの状態です。女性ホルモンの分泌が徐々に減ってくるにつれて、このような変化が出てくるのです。

私達の皮膚は表面の表皮部分と、その内側の真皮部分に分かれています。表皮細胞は皮膚のもっと外側で、細胞の分裂によって生まれ変わり、最終的には最上部の角質となって剥がれ落ちてきます。

肌が老化してきたと見られる原因の一つは、皮膚の水分量の減少です。十分な水分量があり、潤っている肌はプリプリ感がありますが、水分量や皮脂が少ないと乾燥してカサカサしたキメの荒い肌になってしまいます。肌のなめらかさ、やわらかさも水分量と関係しています。

また、真皮部分に含まれてているコラーゲンやエラスチンといった成分が、年齢とともに減ることがわかっています。コラーゲンとエラスチンはどちらも硬タンパク質の一種で、皮膚に弾力を与えているものです。水分量、コラーゲンやエラスチンの量が減ると、肌はリンゴがしなびるように乾いた弾力のない状態になっていきます。

エステナードソニックの裏情報 TOPページに戻る

スポンサードリンク