ファンデーションについて

クリームやリキッド状のファンデーションは、肌になじみが良く、肌をしっとりさせるイメージがありますが、実際は肌の老化や乾燥を早めてしまう恐れがあります。

水分を含むファンデーションやは、パウダータイプに比べて界面活性剤が多めに加えられています。そして水っぽいものは腐りやすいために防腐剤もある程度使用されています。これらはお肌には有害なものであり、含有量が多いと、肌を逆に傷めてしまうんですね。

脱毛後はお肌がデリケートになりますので、お肌への優しさを一番に考えた場合は、ファンデーションはパウダータイプのものが一番だと思います。練り状のファンデーションもありますが、油分が多く含まれていることもあるので、注意しておきたいですね。

ファンデーションの種類と特徴

 パウダーファンデーション
顔料の粒子の表面をシリコンなどでコーティングしたものです。粉末状のものや固形に固めたものなどがあります。リキッド状やクリーム状のものと比べて、添加物が少ないのが特徴です。

 リキッドファンデーション
乳液状のものがベースになっています。伸びが良くカバー力があるように思えますが、防腐剤や界面活性剤が多く含まれている場合が多く、注意が必要です。

 練り状のファンデーション
顔料に油分を加えて練ったものです。パウダーファンデーションよりものびが良く、粉吹きも少ないです。界面活性剤や防腐剤も少なめです。

 クリームファンデーション
クリーム状のベースに顔料を混ぜ込んだものです。リキッドよりも油分が多く、界面活性剤や防腐剤も使われているため、肌への刺激が強いです。

エステナードソニック

スポンサードリンク